以前にも掲載したが、再度ご確認を...

馬名による誤誘導

大人になって子供に絵本を読んであげたことがあるだろうか?
実際に声を発して読み上げると全てがひらがなになっていて大変読みにくいものだ。

読みにくい?
至ってやさしく読めるように設計してあるのに...
漢字・カタカナを読めない子供には

ひらがな・カタカナ・漢字や色んな言葉を当たり前のように使っている大人には非常に読みにくく感じるのは私だけだろうか?

馬名にも同じ事がいえる。
【マンカストラップ】
さて大人の方はこの馬名をどう連想・解釈するだろうか.....

本当の意味は詩集に登場する猫の名

を事前に知らなければ大変読みにくい馬名である。

人は先入観と思い込みがあるからこそ物事を都合よく解釈しがちだ。
何事にも無意識にそれが基盤となって判断する。

それが悪いと言うわけでは決してないが、
その潜在思考を無くしてあるがままの状態で自然に物事を捉えるのは容易ではない。
この先入観と思い込みは人の経験値から得られるが時と場合によって邪魔な存在となる。

例えばこの【マンカストラップ】を事前に名前の情報を知っていたならば余計な想像をせず
ありのままで捉える事が可能となる。

さてここからが憶測の領域

【ゴールドシップ】
ゴールドとシップという単語を知っていれば答えに辿り着ける...
主催者のホームページで答え合わせをすると
"黄金の船"
これだけが公式上の馬名においてただ一つの揺るぎない真実である。

この馬名は枠順に配置されて初めて様々な役割を担った。
いや「担ったであろう」の方が表現としてしっくりくる。

潜在意識からの思考で勝手に解釈してみる。
ゴ 5
ゴー go 号
ゴール goal
ド 土 
ゴールド 金 菌 禁 近 
シップ 船  湿布

少し複雑に...
ドル
ゴドル
ゴシップ 

実際はこれらの意図があったのかどうかさえ分からない。

仮に何かを示唆していたと仮定するならばどれが利用されたのか?

答え合わせは正確には不可能となっている。

主催者は否定も肯定もしないのだから...