185ALLOCATION

騎手配置からの考察

2019年04月

今回はせっかく平成→令和になるので、こういう機会にしか意識しないことを一つ

ここからは史実なので流石にその他大勢から無言の批判を受けることはないだろう...笑

そもそも元号はいつからか?
日本が元号を導入したのは大化が初めてであるが、正式には701年の大宝からではなかったかな?

そう701年、もの凄いこだわりを感ずる
この年は競馬少史で記載されている通り最初にいわゆる競馬を施行された年でもある
偶然というかなんという必然であろうか...

そして平成
公式の発表では史記の五帝本紀と書経の大㝢謨からの採用となっている
「内平らかに外成る」
「地平らぎ天成り」

だが実際にこの2つの原典を記載しているある1つの古典が存在する
平成に三国無双シリーズが流行ったのもそれなりの理由があったのだ
これ以上はマニアックな話になってしまうので
ご興味ありましたら是非調べてみて下さい

いずれにせよ元号は競馬にとって非常に重要な意味合いを持っているということなのだろう...

さて競馬に戻し...

第159回 天皇賞 春 第1特別登録 15頭

平成最初の天皇賞を制した騎手が出現しない
平成最後の天皇賞

事前抽出馬は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

サイン競馬ランキング

第4日目


サイン競馬ランキング

第64回 羽田盃競走

圧倒的人気のミューチャリーが抽出された、

騎手配置からはウィンターフェル
そしてもう一頭
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

サイン競馬ランキング

第33回東京プリンセス賞

騎手配置から
アークヴィグラス
そしてもう一頭
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

サイン競馬ランキング


サイン競馬ランキング

↑このページのトップヘ